10年目

9年前の今頃


1羽のマメルリハを頂いたのが始まりです。


当時、『マメルリハ』を知りませんでした、


小さくて雛か?と思ったら飛び回ってびっくりしました、


初めてのマメルリハはノーマルの女の子・・・ラムです。


ラムのお婿さんに、大阪から


アメリカンイエローのレモン


2羽が仲良くなって巣引きできるかな???っていうときに、


主人の肩に乗って・・・・・


ラムがいるのに気が付かないで主人は外に・・・・・


どこかに飛んでいちゃいました(;O;)(;O;)(;O;)(;O;)





急にラムが居なくなって、


レモンが淋しがります。


なので、また、大阪から





お嫁さんをお迎えです(*^_^*)


ブルーのミントです。


レモンとミントの間に6羽の雛が生まれました。


2羽残して里子に出しました。


あまり雛が生まれても里子探しが大変です、



無償でお譲りするのですが、


手塩にかけて手乗りに育てた子を、


誰でもと言うわけにはいきません(・_・;)、





2012年


長女の結婚が決まり2日家を留守にしました、


その時レモンがストレスで飛べなくなりました。





その年の5月、


ハワイで式を挙げるため1週間留守にしました。


この時は市内の鳥は診ない獣医さんに


無理を言って預かってもらいました。


帰って、1週間、レモンは静かに息を引き取りました。






それ以来、娘のA子は家族旅行に行かなくなりました。


埼玉に嫁いだ長女は、毎年関東方面に招待してくれます。


A子はマメたちがかわいそうだからと、


いつも留守番をします。





2014年の今頃、


不注意で高いところから落ちて私は1週間入院しました。


この時、真丸はストレスで体調を崩し、


今に至っています。







レモンが死んでアメリカンイエローの男の子を探しました、


(いつも大阪からお迎えしていたのですが、居なくて)


ネットで倉敷のブリダ―さん家に居るのを見つけました。


この時に岡山に良い病院がある事を知りました。


この病院を知っていたらレモンも・・・・・と思うのですが、


ゆず。をお迎えしたから病院を知った訳で、






真丸のように症状が出ると分かりやすいですが


そうでない子もいます。




今年の1月3日に突然ミントが・・・・・


前の日まで元気な様子だったのに・・・・・


悲しいというより、なにがなんだか?????


信じられませんでした、






2012年、8月


我が家にはアメリカンホワイトが居ませんでした。


また大阪に・・・・・


マメホがいるけど暑いので輸送は無理・・・・・・


という事で、大阪まで迎えに行きました。



実は、この時、偶然にもSMAPのコンサートが大阪で


そのSMAPも解散で・・・・・・


今年はコンサートがあるはずだったのに残念です、







そんなこんなで、


マメルリハを飼いはじめて10年目に突入です、



マメルリハも気が付けば10羽に、






寿命が15年とも25年とも言われるのに、



なかなか生かしてあげることができなくてごめんね

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード